牧場の中国人実習生が早めの帰国 次の人材は・・・(20/03/24)

Share
Embed
  • 新型コロナウイルスの影響はこれから農繁期を迎える日本の農家にも大きな打撃を与えています。北海道では酪農家で研修していた中国人実習生が24日朝、帰国しました。
     十数年にわたって武漢市のある中国・湖北省から技能実習生を受け入れていた北海道幕別町の牧場。新型コロナウイルスで情勢が不安定となったため、実習生が予定より3週間早く帰国しました。2月1日から始まった湖北省からの入国拒否。先月の取材では実習生たちは自分が国に帰れるかどうかも不安であるなか、家族の心配をしていました。そして、農家側にも大きな不安が。
     しかし、今後の情勢悪化を考えて次の実習生を待たないまま3人の帰国を許しました。3人の実習生は上海で2週間の隔離。その後も、ふるさとの湖北省でさらに隔離される可能性があるそうです。JA北海道中央会によりますと、道内の農家では少なくとも172人の外国人技能実習生が来日できないといい、今後、深刻な影響を与える能性があります。
    [テレ朝news] news.tv-asahi.co.jp

Comments • 0